オススメのWordPress Pluginとか

このページで使ってるWordpressのpluginとか、オススメとか。
取りあえずリストアップするだけの暫定版

(ここで使ってる物)

Akismet

コメントスパムをはじきます。
最強の弾き具合ですが、WPアカウントがいるのがちょっと手間。

All in One SEO Pack

ページごとにタイトルつけたりMetaタグ付けたり… SEO対策の決定版。
ページにJavaScriptを個別にし込むとかにも便利。

Comment Timeout

一定時間が経ったら、コメントの受付を終了します。
ユーザー交流はしたいけど、古い記事の対応はちょっと手間だよ。スパム来るし。って時にとても便利。

Disable Revisions and Autosave

最近のWPでデフォルトで入ってる自動保存を切ります。
自動保存のせいでPostIDがとんでもない数字になるのが嫌な方に(笑

Lightbox Plus

みんな大好きLightBoxをお手軽導入。

Mitsurin Edited by Ryoka

Amazonアソシエイトを簡単導入。
下の記事読んでください。

Movable Type and TypePad Importer

MTからの記事の移行に。(WP3からのPlugin)
むしろ移行しようとしたら自動で入れられるので割愛。

My Category Order

カテゴリーを分かりやすい順番に、ビジュアルライクに並び替え設定。

My Page Order

ページを分かりやすい順番に、ビジュアルライクに並び替え設定。

TinyMCE Advanced

記事やページの作成時のビジュアルエディタ(太文字とかする奴)を、自分専用にカスタマイズ。

Twitter for WordPress

Twitterのつぶやきをウィジット欄に入れられます。

WP Super Cache

WordPressのページ出力をキャッシュして、表示を高速化します。
訪問者が来た際に必要な物だけ初めてキャッシュするので、記事の作成のストレスには成りません。

G Analytics

Google Analytics(訪問解析)をWPのダッシュボード画面で見られます。
Googleのページ行かなくて良いので楽。

Google Analytics

Google Analyticsを必要なページに仕込んでくれます。
テーマを弄らなくて良いので楽。

(ここで使ってないけど、よく私が入れる物)

cforms

コンタクトフォームがページで作れます。

Elastic Theme Editor

自分だけのテーマが、WPの画面上で0から作れます。
といっても、余りかゆいところには手が届かないのですが……
0からであって、既存テーマから弄れないですし。サイト設計考えるにはいいですが。

Exec-PHP

記事やページ・テキストWidgetの中でPHPのプログラムコードが使えます。
ちょっとしたWP改造にはいいですね。

Improved Include Page

ページの中に「違うページ」を読み込みます。
たとえば、トップに設定したページ中の一部に「更新履歴のページ」を読み込ませると、更新履歴のページにはリストで内容を置いていくだけでトップページに更新履歴が組み込まれて表示させることが出来ます。
複雑なデザインのページを作る際に、更新をかける部分だけを各々ばらばらのページに分けておくと、デザイン崩れしにくい更新運用が出来ます。

Ktai Style

携帯用のページをお手軽作成。
安心の日本製&画像の自動リサイズなど気配り設計

Max Image Size Control

投稿する画像を自動でリサイズ
デジカメ画像をよく上げたりする人にはとても便利。

PHP Code Widget

Widgetの中でPHPスクリプトを動かせます。
ページごとに動作が違うメニューを作りたいとか、手の込んだことをしたいときに。

WP To Top

ページの先頭へ戻る。のボタンを、画面のいつも見えるところに作ってくれます。
縦長になりがちなサイトさんには是非。

Simple Tags

投稿のタグを付けの補助。
ビュジュアル操作で付けやすくなります。

こんなところかな…
面白いというよりかは、実用的な物っていう感じですが。

WordPress用AmazonアソシエイトPlugin: Mitsurin改造版

某BlogをWordpressに入れ替えするにあたって、Amazonアソシエイト用のプラグインで良いのが無いかなと思い探してみたところ、Mitsurinというプラグインが割と希望に近いかなと思い導入してみる。
手元にあった本の裏のISBNコードを入力して、さぁ!っと思ったら、何故かアイテムが表示されない。
何でかと悩んだところ、どうやらAmazonAPIのASINは10桁のコードじゃないとダメな模様。(=ISBN-13は不可)
ISBN-13を検索させるには、クエリにIdType=ISBN&SearchIndex=Books&ItemId=978***…(ISBN-13)として指定が必要な模様。
もしくは、ISBN-13→ISBN-10(ASIN)変換をするか。
最近の本はISBN13しか書いてないからISBN-10は一々調べないとダメじゃない!めんどくさいよ!
なんかAmazonさん、半端な対応だなぁ…

ってわけで、ISBN13コードを自動的にISBN10コードにしてアイテム表示できる用にMitsurinさんを改造してみました。
ついでにちょっと思いついた機能もいくつか足してみました。
改造に当たって、とても使いやすいPluginを作られた原作者のCameramansan氏に多大な感謝を…

Mitsurinオリジナルの機能】

  • ASINと簡単なコードによるお手軽入力
  • 多岐に渡るアイテム表示形式
  • 組み込みのキャッシュ機能による高速表示
  • Ktai Style 対応 などなど

【改造版の独自機能】

  • ISBN13コード対応。(-ハイフン含むコードにも対応)
  • 商品リンクをBlankに開くオプション
  • 設定変更時のキャッシュ自動クリア
  • (管理画面のHTMLタグのちょっとした修正)

設置方法、基本的な使い方は、Mitsurinオリジナルのページをご覧ください。

【カスタムタグについて】

割と色々な表示パターンがデフォルトで用意されていますが、もっと自由に表示させたいという場合のため、カスタムタグ機能を付けてみました。
Mitsurinの管理ページ(設定>amazonアソシエイト)にて、カスタムタグ欄に自由にHTMLを入力して、自分だけのAA表示が出来ます。
アイテム名やリンクURL、アイテム画像などは、%tag%形式で埋め込み可能です。
また、カスタムタグを設定している場合、 投稿時のコード内でtype=’custom’の記述を省略することが出来ます。
(カスタムタグを設定していない場合は、typeのデフォルトは’img’を指定した事となります。)

(利用例)
<カスタムタグの設定>
<a href=”%linkURL%” target=”_blank”>%contentName%</a>
<投稿時の表記>
[amazon asin='9784012345678']
以上で、「リンク付きアイテム」となって表示されます。

(当ページでの利用例)

[amazon asin='9784798022970']

【ダウンロード】

http://ilfa.jp/files/wp/Mitsurin_EditByRyoka1_0.zip

本家MitsurinのライセンスがGPLですので、こちらのファイルもGPLになります。
また、このプラグインでは以下のコードを使用しています。

お気づきの点があればコメントでお知らせください。